必要 運転資金 / 久我事務所

久我事務所 > 飲食店経営支援に関するキーワード > 必要 運転資金

必要 運転資金

  • 資金調達(準備)

    事業を継続していくためには資金が必要ですが、その事業資金を使途で分けると「運転資金」と「設備資金」に区分できます。 では、その資金はどのような形で調達(準備)するのでしょうか?事業を行う(始める)にあたって、すべて自己資金のみで賄えるならば問題ありませんが、自己資金では足りない場合には外部(金融機関等)から資金を...

  • 飲食店における運転資金の重要性|必要となる目安や不足した場合の対処法は?

    飲食店を経営するにあたっては運転資金をどのくらい用意しておけばいいのかということが重要になってきます。特にコロナウイルスのまん延によって、飲食店の営業自粛などといった措置が取られることもありましたが、このような不測の事態の際にも対応できる力(運転資金)を付けておく必要があります。その目安や不足した場合の対処法につ...

  • 中小企業が抱える経営課題とは?課題の見つけ方や解決策など

    中小企業の売上の問題は例えば「商品力」という形で競合と比較してどのくらいの差があるのか、「営業力」でどのくらいの頻度で販売できるのか、決定率はどのくらいなのかということを見ていく必要があります。もしこの部分に改善点があるのであれば、他社比較をより密に行っていくことによって売上に関する問題点を解決することが可能にな...

  • 飲食店開業・店舗運営

    そして、その効果を具体的に見ることが必要です。 〇人を採用する場合には、オペレーション(接客)も重要な点です。 お店の状況に臨機応変に対応できるオペレーション環境か? など・・。お客様がまた来店したくなるお店であるために、サービスの質も重要です。 開業・その後の営業においても、お客様に「お店を知ってもらう」ことが...

  • 総合的な企業分析

    今までにない技術やサービス等が出てくる時、新たな分野が生まれる現代において今までの捉え方・考え方では対応できないという現実の中では、今までと違った見方が必要なことも現実です。 「より適正に企業(事業)の状態を掌握し」次に「どう手を打つことが望ましいのか」今後の企業の方向性を決めるための支援をさせていただきます。

  • 財務諸表のpoint

    売上を上げることは事業継続のために必要なことですが、その売上を得るためにどれだけの費用がかかり、結果としてどれだけ利益が確保できるかということが重要です。利益が無ければ事業継続は難しくなります。利益は資金の源泉です。いわゆる「売上至上主義」ではいけないということです。   そして、その資金は本来の業務によって確保...

  • 財務諸表

    一定期間において会社がどれだけ売上をあげたのか、そのためにどれだけの原価がかかり、また経費を必要としたのか、いわゆる「フロー部分」を表したものです。 【キャッシュフロー計算書】一定期間における現金の入金・出金を、3つの事業カテゴリーに区分したものです。これは、前の[貸借対照表]と[損益計算書]の両者に関連していま...

  • 起業と事業形態 

    また、個人と法人では税金の異なる取扱いがありますので、少し確認しておくことも必要です。 〇税金の種類の違い個人の場合・・所得税・事業税・住民税法人の場合・・法人税・法人事業税・法人住民税 大きな違いは、「所得税」と「法人税」です。 〇税率の違い所得税は、所得金額に応じて税負担となる税率が違います。法人税は、会社の...

  • 経営における税の位置づけ(役割)

    事業を進めていく過程で「税」も考慮することは必要ですが、あなたの目標は、まず「事業の継続・成長」であり、その事業を進めていく過程において活用できるものの中に「節税」もあるのではないでしょうか?目的と手段をはき違えないようにしましょう。活用できる節税策は活用しながら、事業経営を行っていく。「経営者」である以上、この...

  • 収益と収入はどう違うか?

    このような事態が起こらないようにするため、収益と収入をしっかりと区分して理解し、把握していく必要があります。  久我事務所では、渋谷区、新宿区、品川区、港区を中心としたエリアで、「経営コンサルティング」、「経営支援」、「財務・経営分析」「飲食店経営支援」などに関する相談を承っております。経営コンサル、財務分析、経...

  • 飲食店の経営について税理士に相談するメリット

    飲食店について経営が不安であったり、税理士のサポートが必要か不必要かわからなかったりする場合には、一度税理士にご相談いただくことをおすすめします。久我事務所では、経営コンサルティングや財務分析、経営分析など企業や組織の改革・強化のためのさまざまなサポートを行っております。飲食店の経営支援についてお考えの方は、お気...

  • 黒字倒産とは

    黒字倒産とは、事業経営につき収入が支出を上回って剰余が生じているのにもかかわらず、支払いに必要な資金が不足して倒産することをいいます。こうした黒字倒産の原因としては以下の2点が主にあげられます。 ①計上されている収入が手持ちの現金として存在しない段階、すなわち売上金が売掛金として回収できていない状況において多額の...

  • 財務諸表分析では何を見る?具体的な分析方法を分かりやすく解説

    もし売上が伸びていないのであれば、競合他社の状況なども把握していきながら商品力を上げていくにはどのようなことが必要になってくるのかということも含めて検討を進めていくことが大切です。 久我事務所では、渋谷区、新宿区、品川区、港区を中心としたエリアで、「経営コンサルティング」、「経営支援」、「財務・経営分析」「飲食店...

当事務所が提供する基礎知識

  • 収益と収入はどう違うか?

     収益と収入は必ずしも一致しません。収益とは、企業の営業活動の結果生み出された成果であり、増資その他資本取引以外の取引に...

  • ~流動比率~財務・経営分...

     財務・経営分析のための指標の一つに流動比率があります。流動比率とは、流動資産を流動負債で割ったもので、貸借対照表の流動...

  • 財務指標とその比較・分析

    財務数値に基づく主な経営指標としては「収益性」・「安定性」・「成長性」などを思い浮かべることでしょう。 各々一...

  • 財務諸表

    財務諸表には「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」があります。 【貸借対照表】とは一時点におけ...

  • 人材と事業成長

    経営トップを含め、事業経営においては、「人」が全ての鍵になります。 経営資源という言葉は誰もがご存知でしょう。...

  • バーの経営を成功させるた...

    バーの経営を成功させるにはどういったことが重要でしょうか。 バーだけでなく、ラウンジ、水商売、飲食店全般に共通...

  • 企業(事業)の目標設定

    事業を始められる(始められた)時の将来像は?どのような姿(こと)を描かれたでしょうか?  その想いを、具体的に誰でも見え...

  • 中小企業が抱える経営課題...

    中小企業は経営に関することで非常に多くの問題を抱えています。中小企業が抱える問題としては「売上」「資金繰り」そして「資金...

  • 財務諸表のpoint

    企業(事業)の財務状態や経営成績は基本のこととして、事業資金がどのように動いているのか、という点を注視してほしいと考えま...

  • 飲食店の経営について税理...

    飲食店の経営について、税理士に相談するメリットとしてはどんなものがあるでしょうか。 まず第一に、飲食店経営に関...

よく検索されるキーワード

代表税理士紹介

  • 代表税理士
    久我 晴幸(くが はるゆき)
  • 所属団体
    東京税理士会
  • 経歴

    高等学校卒業後2年間、都内の病院に勤務

    昭和59年3月 病院を退職

    昭和59年4月 専門学校に入学し税理士資格を目指す。

    平成5年5月 東京税理士会 世田谷支部(事務所開設)

    平成6年4月 東京税理士会 渋谷支部に移転とともに独立

  • 業務経歴

    (1)税理士事務所 勤務

     税務会計業務(決算、申告業務ほか)

     不動産税務業務(マンション・アパート経営者に関する税務業務)

    (2)不動産鑑定事務所 勤務

     鑑定・調査業務(不動産の現地実査・法令調査から価格査定)

    (3)コンサルティング会社 勤務

     相続・事業承継の相談及び提案業務

     不動産等の活用相談及び提案業務

事務所概要

名称 久我事務所
所属 東京税理士会
代表者 久我 晴幸(くが はるゆき)
所在地 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-19-8 2F
電話番号/FAX番号 03-3377-4586 / 03-3377-4587
対応時間 平日10:00~18:00
定休日 土・日・祝日
  • 国際会計基準IFRSコンソーシアム会員
  • 一般社団法人フードアカウンティング協会

ページトップへ